So-net無料ブログ作成
検索選択

偏差値至上主義に陥る受験生の保護者 [中学生の勉強方法]

zyuken_05.jpg

受験を控えた子供を持つと、
どうしても気になるのが偏差値です。


偏差値は、志望校の合否を判定する上で、
ひとつの基準値になるので神経質になる
というのは当然と言えば当然です。


ただ、あまりにもこの偏差値に固執してしまい、
偏差値至上主義[たらーっ(汗)]に陥る保護者が多いようです。

こうなると、受験に合格することが目標となり
「偏差値が高ければ全て良し」になりかねません。

高校受験を控える中学生や大学受験を控える
高校生を持つ保護者の方は、もう一度勉強する
本来の目的を考える必要があるでしょう。

zyuken_03.jpg







ts.jpg


偏差値至上主義の保護者の方を
最近たまに見かけます。

こういう保護者の方には、
以下のような特徴があります。


- 子供の成績アップの事「だけ」を
 毎日真剣に考えている

- そのため、自分の要求に従わない
 子供を見るとイライラする

(子供を絶対服従させようとしている)

- 子供の成績「さえ」良ければ
 それで全てOKと考えている

- 子供の意見は無視して、
「偏差値70の高校に入れ!」
 という感じで押し付けている


この「偏差値が高ければ全て良し」
という価値観は、

一昔前であれば世間の常識でした。

『高学歴=大企業=高収入』という

方程式が成り立っていましたので、

「とにかく偏差値を高めよう!」

という風潮が強かったと思います。



しかし今はどうでしょうか?



『高学歴=大企業=高収入』という
モデルが崩れてしまいましたので、

偏差値だけを高めたとしても、
なかなか安泰とは言えない時代ですね。


もっと“他の何か”を磨いておかないと、

実力主義の社会では淘汰されて
しまいそうです。

“一昔前と今では、ルールが全く違う”

という現状があるのですが、

これに気付けていない保護者の方が
結構いたりします。



私がすごく危険だなぁと思うのが、

「親が学生時代だった当時の成功ルール
 =偏差値至上主義」が

今でも通用すると信じている保護者の方が
意外にも多いということです。



もちろん、偏差値は
低いより高い方が良いとは思います。



ただ私がここで言いたいのは、

偏差値「だけ」を追求し続けるのも
違和感がありますよ、という話なんです。


小学校・中学校・高校・大学の16年間を、

勉強「しか」してこなかった人というのは、
他人から見れば偏った人に映ると思います。


勉強以外にも色んな経験をしておいた方が、

幅の広い人生を送れると思いますし、
色んな意味でバランスが取れていると思います。


そういう生き方をしていくことが、

自分が望む人生を歩んでいくことに
繋がっていくのではないかなぁと思っています。



学校教育はいまだ、受験勉強の5教科ばかりを
教え込んでいるようですが、

もっと他にも学ぶべきことはたくさんあります。


ただ、もちろん偏差値を高めることは
学生時代のうちは求められますから、
不要というわけではありません。


でも、社会へ出て一人で生きていくとなると、
偏差値のような数字だけをたよりにしても、
生きていけない時代だということです。


実は、中高生の勉強方法も含めて偏差値だけに
頼らない家庭学習を教えてくれる人がいます。


実は、プロの家庭教師でもある佐々木勇気氏が、
その方法を期間限定ですが「無料のメルマガ」で、
つつみ隠さず教えてくれます。


⇒オール5家庭教師の無料メルマガ詳細


メルマガを読むのはいいから、すぐにでも成績を
上げる勉強法を知りたいという方は、
以下のページをご覧ください。


⇒オール5家庭教師の2週間で成績を上げる方法







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
Copyright © 記憶術を使って記憶力をアップする方法 All Rights Reserved.