So-net無料ブログ作成

受験に合格した生徒には「ある共通点」があります。 [合格率を上げる勉強法]

zyuken_01.jpg

 

4月上旬となり、全国の受験生たちが
受験結果を受けて一喜一憂している時期です。

・第一志望に合格し、喜んでいる人

・第一志望に合格できず、悔しい想いをした人

色んな生徒がいると思います。


受験を終えたばかりの受験生&保護者の皆さん、
ひとまずお疲れ様でした。

この1年間、結構なプレッシャーを
感じていたと思いますので、

少し休んで気分転換して新生活に向けた
準備を進めていきましょう。


また、来春受験される予定の新3年生をはじめ、
2年生や1年生には注意点があります。


どういう事かと言うと・・・
 

 

 

 

 

 

 

 gkb.jpg

 

実は「高校入試に合格した生徒」には
共通点があります。


それも毎年、毎年、同じ共通点です。



ところが、これが出来ている人は
そんなに多くないという現実があります。


逆に言えば、今から言う「合格している共通点」
さえ押さえることが出来れば、来春の高校入試は、
志望校に合格できる可能性が格段に上がります。



なので今日は、その「共通点」の話をします。



中1生&中2生にとっては、
本当に大切な話になってきますので、

入試本番で結果を出したい人は、熟読して下さいね。



さっそく結論から伝えてしまいますが、
合格する人の共通点、それは、

「英語、数学で高得点が取れている」

という事です。

ちなみにここで言っている「高得点」というのは、

周りの生徒(ライバル)に比べて

「得点が高い」

という状態を指していますので、

平均レベルの高校なら「平均点+10点」
くらいでも高得点と言えます。

とにかく大切なのは、

「周りの生徒より
 英語・数学で高得点が取れている」

という状態です。

なぜこれが大切なのかと言うと、

英語・数学が苦手になってしまうと、

その教科が「大きな穴」に
なってしまう事が多いんですね。

数点の失点で済まずに、
数十点という大失点に繋がる事が多いので、

もう他教科でカバーできなくなってしまいます。



その結果、不合格になってしまうわけですね。



合格する生徒というのは、
ここらへんの事情をよく分かっていますので、


『英語・数学は苦手になったらすぐに復習する』


というスタイルを、3年間徹底して貫いています。



ですから苦手単元をダラダラと長期間
引きずる事がありませんので、

毎回の定期テストも安定します。



実際に、合格した生徒からの
メッセージを読んでいると、

「早めに英語の復習に
 取り掛かったのが良かった」

「長期休暇に数学の復習に
 じっくり取り組んだのが良かった」

という意見が目立ちます。



やはり英語・数学が合否を分ける
大きな要素になっているようですね。


4月から新学年を迎える中学3年生はもちろん、
中1生・中2生も春休み中に英語・数学の復習を
しておきましょう。


大袈裟でなく、来春を笑顔で迎えることが
できるかどうかが決まります。


受験数ヵ月前になってから
「ヤバイ!」と
焦って対策するのではなく、

今の時期から
しっかりと復習していく事が、
合格への第一歩だと思います。

 

 zyuken_08.jpg

 ⇒やる気が出る高校受験勉強法

 

 

記事が参考になったよ!
と思われましたらブログランキングをクリック
していただけるとうれしいです。
宜しくお願いいたします。

 




資格受験 ブログランキングへ

 



にほんブログ村 その他生活ブログ 記憶・記憶術へ
にほんブログ村

 




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

Copyright © 記憶術を使って記憶力をアップする方法 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。