So-net無料ブログ作成
検索選択
記憶術 ブログトップ

想像と妄想の力で記憶力アップ? [記憶術]


haru_0300.jpg


私達人間は、強い印象を受けるような何かがなければ
記憶として脳内にインプットされることなく自然と
忘れて行ってしまいます。



全ての事を記憶として脳内にインプットする事は
不可能でも、普段の生活の中でいろいろ工夫する事で
記憶能力を劇的に高める方法があることはご存知ですか?



記憶力がアップすれば脳も活性化されますから
相乗効果もバツグンなのです。



記憶力を高めるためには、何といっても脳内に
強烈な印象として焼き付けるための素材が必要です。



そこで役に立つのが、想像力とか妄想など。



特にスペシャルな要素がない普段の生活の中でも、
想像力と妄想を働かせて強烈なインパクトのある
「経験」に変えることによって、それは脳の中に記憶
として焼き付けられる事ができます。



想像力や妄想は基本的にはどんな物でも良いのですが、
あまり被害妄想的なものはやっぱりNGです。



妄想と聞くとどうしてもマイナスイメージの印象を
うけるかもしれませんが、プラスイメージの妄想が
あってもいいはずです。



できるだけ楽しく人生にとってプラスな感じの想像力と
妄想にするのがおススメです。



想像と妄想をフル活用して記憶力をアップしたい方は
無料レポートをご覧ください。


















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

人生を左右する記憶術の活用 [記憶術]


zyuken_08.jpg


記憶力は、すべての土台になるといっても
過言ではないでしょう。


高校受験資格取得など、どんな試験でも暗記力は大きく
ものを言いますし、仕事でも重要な用件を記憶できるかどうかは
作業の効率に大きな影響を及ぼすものです。


ですから、記憶力をアップすることができれば
自分の能力をさらに高めることが可能です。


試験の合格、仕事の効率アップ、さらには難関試験の合格や昇進、
国家試験の合格といった目標達成も可能になります。


記憶力のアップは人生を変えるといっても過言ではないでしょう。


そんな人生を変える記憶術として挙げられるのが右脳のトレーニング


何かを記憶しようと思った際、どうしても言語把握を司る
左脳だけを使ってしまいがち。


それに対してイメージ力や視覚認識、情報の高速処理に
優れた右脳を一緒に活用すれば記憶力を大幅にアップ
させることが可能です。


人生を変えたい人、より充実した人生を送りたいと
思っている人は右脳を開発する記憶術を試してみては
いかがでしょうか?


記憶術レポートには基本となる、右脳トレーニング方法が
書かれています。


kiokuhoun-300.jpg









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

記憶力アップで、難関試験や資格試験に備える [記憶術]

zyuken_10.jpg



試験というのは、言い方が悪いかもしれませんが、
試験当日の点数で何点取ったか?


ということが重要なわけで、未来永劫覚えていなくても
いいわけです。


でも、実際には弁護士などは法律を忘れてもらっても
こまるのですが、それはインプットの連続で、随時
覚えていくものでしょう。


何を言いたいかと言えば、とにかく試験当日の点数が
合格ラインに達しない場合には、合格ではないと
いうことです。


丸暗記だろうと一夜漬けだろうと、覚えたことを
試験当日に、アウトプットさえできれば合格
なんです。


ということは、暗記力であり記憶力というのは、
とても重要になってきます。


最近、記憶法とか記憶術と呼ばれる記憶力を高める
スキルが人気を呼んでいます。


記憶術は、学校の勉強はもとより各種試験勉強や資格試験
就職試験、昇進試験など、様々な場面で活用できます。



記憶力を高める、記憶力を鍛えるということは
はたして可能なのでしょうか?



若いうちは、いいのですが年齢とともにどうしても
忘れがちになることが多いです。



記憶力は、受験勉強であったり、資格試験の勉強
であったりということを考えると、高いに越した
ことはありません。



社会に出ても、記憶力がいいか悪いかというのは、
仕事の成績や、昇進にさえも影響を及ぼします。



そんなの簡単にできれば世話ないよ!




という声が聞こえてきそうですが、実は記憶力は
高めることができるのです。




歳とともに、記憶力というのはこんなにも落ちるのか?
と思うことはありませんか?




また、勉強してもすぐ忘れてしまう!
という方も多いでしょう。



記憶するには “コツ” があります。



記憶力を高める “ある方法” があります。



限定数ですが無料公開されています。




記憶術無料レポートをご覧ください。



ありがとうございました。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

記憶力を最短であげるテクニック [記憶術]



game_b07.jpg


記憶力というのは、そう簡単にアップするものではない、
と思っている人も多いのではないでしょうか。




そんな人にとっては7分間で記憶力アップできるといっても
にわかには信じられないのではないでしょうか。




しかし、人間の脳を最大限に活用することで
短時間での記憶力アップも決して不可能ではないのです。




記憶力で重要になるのは情報処理と右脳の活用です。





インプットされる情報をどれだけ効率よく処理し、
記憶として刻むこむことができるか。




また暗記する際、どうしても左脳だけに頼ってしまいがちな
状況から右脳を活用することができるかがポイントになるのです。




そんな7分で記憶力を上げる方法が速読術。




速く読むことができるということは情報処理を速く行うことが
できることですし、右脳も活発に働いている状況になるのです。




速読の能力を高めることで右脳を10倍以上活発に
働かせることも可能です。




なかなか記憶が頭に残らない、と思っている人は
速読術で記憶力アップを目指してみてはいかがでしょうか。





さすがに7分で爆発的に記憶能力を上げることは難しいですが、
70分あれば、今の自分とは違う力に気がついていますよ?



ありがとうございました。









タグ:右脳 速読術
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

記憶能力を向上させるにはコツがあります [記憶術]



haru_0342.jpg



日ごろ暗記が苦手、どうしても記憶することができないと
悩んでいる人は多いでしょう。


しかし人間は本来、脳に驚くべき記憶能力を持っています。



例えば、とても気になる異性の名前をたまたま何かの
きっかけで知った場合、ぜったい忘れないものです。



また、その人の誕生日や血液型、星座などはたぶん
即座に覚えてしまうと思います。


otoko1.jpg



そして、その記憶は生半可なことでは忘れないでしょう。




記憶が苦手な人は頭が悪いのではなく、
その記憶能力を十分に引き出すことができていないのです。



記憶能力を向上させるコツは、ビジュアルイメージを
伴わせることです。




人の名前を覚える場合にも単に名前だけでなくその人の
顔立ちやスタイル、あるいは会った時に着ていた服装や
そのときの発言などを頭にイメージさせれば
覚えやすくなります。




これを記憶全体に活用するのです。




もちろん、すべて大好きな異性のような強烈なイメージでは
ないでしょう。



その際、記憶する対象に相応しいイメージである必要はありません。



まったく関係がないイメージを無理やり結びつけても大丈夫です。


イメージをさせるには、好きな事、興味があることに
関連づけるのが一番簡単でストレスなくできるのですが、
逆に、大嫌いなものをイメージするのも有りです。


要は、覚える物事に対して、いかに強烈なイメージを
与えるかということです。


どれだけイメージとして刻み込むことができるのか。


それが記憶能力を向上させるための最大のポイント
となるでしょう。


ぜひともうまく身につけたいものです。


ある意味、ゲーム感覚で記憶力を高めることにも共通しますが
できるだけ楽しんで覚えることです。


好きな事や楽しいことを考えていると苦痛ではありませんし、
眠くもならないものです。


興味のない参考書や書籍は、ほんの数ページ読んだだけで
眠くなりませんか?


ぜひ記憶力の無料レポートを使ってみてください。



新しい発見がありますよ。



ありがとうございました。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

記憶力のアップをしたいなら午前中 [記憶術]

zyuken_07.jpg


勉強のタイプは、朝型と夜型に分かれるかと思います。


中学生の頃、どんな時間に勉強していたかと言われれば
私は夜型だったと言えます。



記憶することが、どんな時間帯がいいのかなんて
考えたこともなかった時期です。



でも実際、記憶術で目的を達成するためには
継続的な記憶力アップが不可欠です。



試験など目的を達成するためには長期的な
計画を立てた上で勉強をしていく必要があります。



一時的な記憶力アップ、あるいは詰め込みだけでは
充分な成果を挙げることは難しいでしょう。



長期的に記憶力をアップさせるためには生活習慣に
注意が必要です。



規則正しい生活習慣が記憶力を継続的に
維持させるために不可欠になるのです。


人間は体内時計が正常に機能している状態の中でもっとも
効率よく働きます。



脳や記憶力もその例外ではありません。
もっとも良くないのが夜更かし。


夜遅くまで勉強している人も多いかもしれませんが、
記憶力がもっとも高まるのは午前中。



早起きして午前中に集中的に勉強する習慣をつけた方が
ずっと効率的に記憶力をアップさせることができます。



このように、日常生活の改善は目的を達成するためには
不可欠の条件です。



思うように暗記できないと思っている人は
まず日常生活を見直してみると良いでしょう。



暗記の力を高めて、勉強に役立てたい人は、
ぜひ無料レポートを参考にするといいです。


⇒秘伝の記憶法

kiokuhoun.jpg





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

記憶力がいいというのは、具体的にどういうこと? [記憶術]

記憶力がいい、とか記憶する能力が高いというのは
どういうことなのか考えてみました。



文字通り、記憶することですから覚えがいいとか
暗記力があるということも関連するでしょう。




例えて言えば、脳に引き出しがあるとします。


引き出しは、記憶を収納する場所と考えてください。




ある人は、引き出しが10個、またある人は50個
そしてある人は100個だとしましょう。



簡単に言えば、引き出しが多いほど記憶した量を
たくさん入れることができます。



では、引き出しが多ければ記憶力がいいと言える
のでしょうか?




引き出しにたくさんの記憶を入れて、いっぱいに
なったとしましょう。



ところが、いっぱいになったのはいいのですが、
いざ引き出しの中身(記憶)を出そうとしますが、
どの引き出しに何がはいっているのかわかりません。



こうなると、引き出しが多くても意味がないと
思いませんか?




結局、引き出しの数もさることながら、その引き出し
から記憶をアウトプットする能力が備わっていないと
記憶しているとは言えないことになります。




ですから老人になって、多くの経験や記憶がたくさんの
引き出しに入っているのに、ほとんどの引き出しが
錆びついたり、壊れたりして開かないということが
おこります。



痴呆とか健忘症などの症状は、様々な理由によって
記憶の引き出しが、引き出せない状態です。




つまり、記憶力がいいというのは、引き出しに収めた
記憶を必要に応じて速やかに引き出せる能力と言えます。





もちろん引き出し自体の数が多いということは、
前提になりますが、アウトプットする能力が備わって
初めて記憶力が高いと言えるのです。




当ブログでは、記憶力を高める方法としての記憶術
についての情報を発信しています。




尚、記憶力を高めるための記憶術の無料レポートも
ありますので、興味・関心のある方はご覧ください。



 ⇒記憶力アップする無料レポート 




ご訪問いただきまして、ありがとうございます。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
記憶術 ブログトップ
Copyright © 記憶術を使って記憶力をアップする方法 All Rights Reserved.