So-net無料ブログ作成
成績アップ ブログトップ

勉強の効率が悪くて苦労している場合 [成績アップ]



zyuken_05.jpg


勉強で苦労している人の悩みに


一生懸命勉強しているのに成績が良くならない、
重要なことがなかなか覚えられない。




ということがあげられます。




たくさんの時間勉強していても、頭に入っていかない
ということは、下手をすれば時間の無駄(徒労)に
なりかねません。




原因は頭のデキが悪いから、ではなく、勉強方法そのもの
に問題があるのです。




勉強の効率を上げる方法はおもに2つです。
記憶力と集中力のアップです。





長い時間勉強していても集中力が欠けていれば、
本来覚えることができるはずの内容があったとしても
ただ漠然と目を通しておしまいになってしまいます。





記憶力と集中力をアップさせるためには適度に休息を挟むこと。


ただ長い時間続ければいいというものではありません。





自分は長時間集中することが出来る!と豪語しても
人間は、2時間を過ぎると集中力が低下すると言われて
いますので、内容が伴っていない場合が多いのです。





ですから勉強方法に起伏を持たせる意味でも、
休憩は意識してとることが必要です。





人間同じことを繰り返していればどうしても
集中力がダウンします。


例外はあります。




勉強自体がものすごく好きで、趣味のゲームなどに
劣らないほど集中してしまうという場合です。



そういう方は、必要ないと思いますが、でも好きな
ゲームでも長時間することで少なからず集中力は
散漫になるはずです。




とにかく適度に休憩を挟むことがポイントです。





あるいは勉強する内容を数学から英語などの教科に
適時切り替えることで脳をリフレッシュするのです。




つねに新しいものに取り組むという意識を
持ち続けることで新鮮味を持つことで集中力を持続し、
勉強の効率をアップさせることができるでしょう。




勉強で苦労している人はまず、長い時間さえ勉強すれば
よいという考えから離れる必要があるのです。




大切なのは時間の長さではなく、集中力の持続を
どうすることで一番いい状態にするかということです。




勉強で苦労している人は、「秘伝の記憶法」無料レポート
で基本を押さえておいてください。



必ず役に立つ内容が書いてあります。



だまされたと思って、無料請求してください。
勉強のやり方を変えることができます。


 ⇒秘伝の記憶法 無料レポート 

kiokuhoun.jpg








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

参考書を効率的に覚える工夫 [成績アップ]



zyuken_09.jpg


記憶術や速読法を勉強に活かすには、参考書をうまく
活用することも必要です。



中学生、高校生の試験や社会人が資格に合格するために
役だつ参考書はたくさんあります。



この参考書を、いかに上手く活用することができるか、
が試験合格への近道となります。




もちろん、コツコツと問題をこなし、地道に覚えていく
必要があるわけですが、できるだけ多くの参考書をこなし、
内容を理解するためには効率的な勉強法が重要です。




ただ真面目に、もくもくとやっても、なかなか内容を覚える
ことは難しいものです。



そういう場合、参考書を効率的に覚える秘訣のひとつとして
勉強する場所を変えて学ぶという方法があります。



毎日同じ場所や部屋ではなく、日によって気分によって、
場所や環境を変えて勉強するのです。



例えて言えば、長時間勉強をしているとどうしても
眠くなってしまうことがあるかと思います。



そんな時は、どうしますか?




顔を洗う、外の空気を吸う、コーヒーを飲むなどの
いろんな方法があります。



これは、すべて刺激を与えることにつながります。




高速道路で眠くなるのは、単調な道路だからです。




数時間の勉強時間の中でも刺激が必要なように、
もっと長いスパンで言えば、1日というスパンでも
変化や刺激を与えることで、モチベーションを維持する
ことにもつながります。




変化や刺激は、周囲の環境、光景や聞こえてくる物音、
あるいはその場所への往復で遭遇した出来事なども、
学んだ内容と一緒になって頭に刻み込まれます。




あとで暗記した内容を思い出そうとすると、
その光景や場所、シチュエーションと一緒に
思い出されるようになるのです。





暗記はビジュアルと一緒に覚えると効果的
と言われています。



右脳を効率よく活用することができるからです。




この方法はちょっとひねった形で右脳を活用する
ことができます。



部屋に閉じこもりきりではなく、図書館や喫茶店、また
自宅の違う部屋や庭など、時折場所や環境を変えて
勉強してみてはいかがでしょうか?



その上で、もっと記憶容量を上げたい人や、
参考書をなかなか覚えられない人は、
無料レポートが役立ってくれますよ。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

記憶術を勉強や成績アップのために使う場合 [成績アップ]


school16.jpg



記憶力と聞いて、まず思いつくのが勉強でしょう。



中高生や大学、社会人も含めて勉強する機会は
一生あるといってもいいでしょう。



目的が成績のアップでもいいでしょうし、
入学試験や資格試験、または外国語の習得や
TOEICのスコアアップなど、いろんな場面で
活用できます。



例えば、成績をアップするという目的に絞った場合
塾に通うとか、家庭教師をつけるなどのいろんな
選択肢があります。



ただ、どれを選んでも、費用の負担を最小限に抑え、
成績を上げるためには、まず記憶力のアップが
欠かせません。



暗記というとただ知識を詰め込むだけというイメージが
ありますが、応用力を働かせるにしても知識は絶対に必要
です。



そのためには記憶力は重要な役割を果たすのです。





記憶力をアップさせる勉強法として挙げられるのが
自分に興味がある対象に置き換える方法です。




よく英単語や世界史の人名などを暗記する際に
使われる方法です。



その単語を頭の中で思い浮かべ、自分の興味のある
ネタや言葉に置き換えて覚えるのです。




そのネタと単語との間に関連があるかどうかは
あまり意識せずに、空耳感覚で覚えてしまうのです。




暗記できる量が増えれば自然と成績はアップして、
勉強がはかどるようになるでしょう。



当然、勉強に対するやる気というのも違ってくる
場合が多いのです。




たかが暗記かもしれませんが、そのやり方次第で
記憶力を高めることができるのです。




詳しくは、無料レポートに書いてありますので、
成績を上げたいと言う方は、見るだけの価値が
あるでしょう。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
成績アップ ブログトップ
Copyright © 記憶術を使って記憶力をアップする方法 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。