So-net無料ブログ作成
イメージトレーニング ブログトップ

脳は現実と想像の区別ができない [イメージトレーニング]


bakumatu01.jpg


「イメージトレーニングって非現実的だよね」


そんなもので、うまくいくなら誰でもやっているわ!


そんな方もいるかもしれませんね。


実際、イメージトレーニングの時に自分が思い浮かべるのは、
目標やゴールを達成している近未来の自分自身だったり、
将来、大成功して人生を大満喫している夢のような自分の姿
だったりもします。


でもありがたいことに、イメージトレーニングによって
鍛えられる右脳は、何が現実で何が想像や妄想なのか区別を
つけることができないんです。



こう言っては何ですが、脳を騙す、脳に思い込ませる
といった感じでしょうか。



区別をつけているのは私達の左脳にある顕在意識なのです。



つまり、非現実的な事でも強くイメージすれば、私達の右脳は
それを記憶してくれて、私達の脳は無意識のうちにそれを達成
するための行動をしてくれることになります。



ですからプラスのイメージとして脳に覚え込ませることで、
「思考を現実化」させるのです。



たとえば「いいえ」と言うつもりだったのに、なぜか「はい」と
言ってしまったなんていう経験も、もしかしたら、潜在能力による
人生の大きな分岐的な選択だったのかもしれません。



イメージトレーニングをする時にイメージする事は、
どんなに小さなことでもOKですし、またどんなに非現実的で
偉大な夢でももちろんOKです。



実際の自分とは全く違う事をイメージしてもOKなのです。



例えば、自分が苦手としている科目や分野があるとしましょう。



根本的にその科目や分野が嫌いで、努力はしているけれど
気持ち的な段階で拒否反応がでてしまったり
集中できなかったりすることもあるかもしれませんよね。



イメージトレーニングはそんなときにも大活躍してくれます。
嫌いな分野や苦手な科目などを大好きな自分を想像してみるのです。



その分野が自分と信じられないぐらいに相性が良く、
自分も心の底から大好きだと思っている姿をイメージする事で、
それまでは理解しようと言う意欲すらなかった科目でも、
不思議なぐらい真剣に向かい合ってみようと言う意欲が
わいてくるはずです。



今まで嫌いな分野でも、時間をかけて視点を変えれば
好きになれるかもしれませんよ。



あなたの苦手分野を克服してみませんか?



引退を発表した、あのイングランドサッカーのベッカムも
以前、イメージトレーニングの大切さを話してましたね。



イメージすることは、お金もかからず自分だけでできるます。



それで、自分の思いが現実化する可能性があるのなら、
やらない手はないでしょう。












パニック症候群克服【がんばりすぎず、あきらめない】
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

成功した自分を鮮明に思い描く [イメージトレーニング]


zyuken_01.jpg


イメージトレーニングで何よりも大切なのは、
自分が目標やゴールを、既に達成している姿を
クリアに思い描き、その姿を潜在意識に焼き付ける事です。



人間の潜在意識ってとっても不思議で、自分が意識していない事でも、
頭の中でチラッと考えたことが潜在意識として脳内にインプットされ、
無意識のうちにそれを達成するべく行動をしているのだそうです。



つまり、自分が理想としている姿をイメージトレーニングする事が
できれば、意識せずにその目標に向かって自分が行動できるように
なるのです。



しかし逆に、「失敗したらどうしよう」「できるかどうか不安」と
マイナスの感情を持っていれば、無意識のうちに自分自身で
失敗するための行動をとってしまうのだそうです。



例えば、宝くじを買っても「どうせ当たりっこない」
と思うのと「当たった自分を鮮明に意識できた」という人では
違うのだそうです。



また、受験に合格したイメージを持ち続けて勉強するのも
効果が違うのです。



「思考は現実化する」という本も流行りましたが、成功している人
や、結果を出す人というのは、とにかく「成功した自分のイメージ」を
強烈に脳に焼き付けるのだそうです。



自分の思いだけで、現実を変えることができるならば、
やってみない手はないですね。



お金もかかりませんから。



自分で意識しているわけではない潜在意識だからこそ、
正しい方法でイメージトレーニングをして自分自身を
成功に導きたいですよね。



イメージトレーニングは時間をかけてももちろんOK。




理想的な自分を思い描いて成功するためには、
強い思いを継続して持ち続けることです。



「私は、かならずできる。」


目標を達成できた自分を、いつも脳裏に描いてわくわく
して過ごしましょう。



特に効果があるのが、就寝前にふとんに入って眠る前に
イメージしながら眠りにつくことです。



一度といわず、毎晩試してみてください。



いい夢も見れますよ。



ありがとうございました。













EFT(イーエフティ)って何?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

心をリラックスさせるには [イメージトレーニング]


haru_image_03.jpg


イメージトレーニングをする時には、雑念を取り払って
イメージしたい内容に全神経を集中させることが大切です。


雑念が入り乱れている心のままイメージトレーニングを
しようとしても、なかなか集中できません。


そのため、イメージトレーニングを始める前には、
心をリラックスさせてトレーニングできる脳内環境に
整えておくことが大切です。


楽しいことや平和なこと、嬉しい事などプラスの感情を
引き出すことで体全体をプラスのエネルギーで包み込む事
ができます。


この状態がイメージトレーニングをする際にも理想的な状態。



心配事や怒り、悲しみ、嫉妬などマイナスの感情がある場合でも、
意識してプラスの感情を引き出すようにしてみましょう。



無理矢理でも笑顔を作ってみたり、笑ってみたりするのも
よいでしょう。



マイナスのエネルギーはプラスのエネルギーによって吸収されたり
除去されたりするので、努力すれば誰でもプラスのエネルギーで
自分を包むことができます。



心をリラックスさせるポイントは、何事に対しても執着心を
捨て去ることです。


まるで、お寺のお坊さんのようなことを言いますが、
執着すれば執着するほど、クリアーな状態から遠ざかります。



簡単に言えば、座禅の境地なのですが、毎回座禅するわけにも
いきませんね。


私の経験ですが、自然の美しい場所へ行っておいしい空気を
おなかいっぱい吸い込んでみると、近い状態になります。



灯台もと暗しで、案外近くの公園なんかがよかったり
するものですよ。


おためしください。



ありがとうございました。








nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(3) 
共通テーマ:資格・学び

心の中の潜在意識を開放するには [イメージトレーニング]



hobby09.jpg

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では
侍ジャパンががんばってますが、何とか決勝に
残って欲しいものです。


優勝するイメージはあるのですが、いかんせん
選手のイメージはどうでしょうね。



さて、イメージトレーニングは、自分が何かをしている
姿をイメージする事で心の中に眠っている潜在意識に
働きかける事で集中力を高める方法です。



スポーツのトレーニングなどではよく活用されている
方法のようで、イメージする事に集中することによって
雑念などを払いのぞくことができる効果もあるようです。


記憶力や暗記力を高めたい場合にも、
イメージトレーニングを活用する事ができます。


この場合には、自分が持っている将来の夢やゴールなどを
強く思い浮かべながらイメージすると良いみたいですね。


私達が意識する事なく持っている潜在意識は、脳の中でも
右脳がつかさどっています。


潜在意識を高めて開放する事は脳を活性化すること
にもつながります。


右脳を鍛えるために左手をよく使うように普段の生活を
工夫してみるとか、イメージトレーニングを習慣づけて
集中力を高めるなど、毎日の生活の中にイメージトレーニングを
取り込んでいくのが理想的です。


侍ジャパンもたぶんイメージトレーニングをしたはずですが、
どれくらい潜在意識の中まで、すり込むことができたか?
と言う部分が勝敗を決めるかもしれません。


思考は現実化するのです。



ありがとうございました。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

イメージ力を使って目標達成する [イメージトレーニング]



sports_0033.jpg

flag001.jpg


ロンドンオリンピックの話題が多いですが、日本から出場する選手が

必ず取り入れているのが「イメージトレーニング」です。




日本人がというより、世界中のアスリートがそうでしょう。



イメージトレーニングを制する者は・・・

という言葉もあるくらいです。



さて、イメージ力と言えば、何を連想されるでしょうか。



創作など芸術的な才能を連想する人もいるかもしれません。



しかし実際にはそのような才能の問題ではなく、もともと
自分の持っている力を引き出すために必要となる力なのです。



イメージ力とは必要なことを相応しい形でイメージすること
ができる能力です。


スポーツで言えば、自分が競技をしているイメージや
思った通りの演技をしているイメージでしょう。


またもっとイメージするならば、優勝したり、1位になったり
金メダルを取ったイメージかもしれません。


イメージトレーニングは、スポーツだけではありません。


たとえば暗記。記憶する際には単に言葉を詰め込むのではなく
イメージを膨らませたうえで脳に刻み込むと覚えやすくなります。


それから目標や計画。


目標を達成するためにはどのようなことをすればよいか、
具体的なイメージとして思い浮かべることでより
現実的なプランを立てることができるでしょう。



さらに、目標を達成した時のイメージを
あらかじめ設定しておくことでより前向きに、
集中力を高めた状態で目標へと進んでいくことができます。


このように、イメージ力は脳の力を引き出し、
目標達成へと突き進めるために不可欠な能力なのです。


何か目標を立てる際にはこのイメージ力を
うまく駆使できるかどうかがポイントとなるでしょう。


イメージの力を高めるためには、ある方法があります。


無料レポートの9ページから詳細をご覧ください。


ありがとうございました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
イメージトレーニング ブログトップ
Copyright © 記憶術を使って記憶力をアップする方法 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。