So-net無料ブログ作成
検索選択
難関高校・大学受験 ブログトップ

勉強時間が同じでもなぜ成績に良し悪しが出るのか? [難関高校・大学受験]


zgk.jpg


受験は、人生において1度のみならず、
何度も経験するものです。



中学受験高校受験大学受験はもちろん
様々な資格就職にも試験はつきものです。


受験勉強を計画的にできるに越したことは
ありませんが、多くの人は ”尻に火がついて”[あせあせ(飛び散る汗)]
やっと重い腰をあげるのではないでしょうか?



それでも合格したいと願う気持ちで、
眠い目をこすりながら勉強するのですが、
効果の上がる人と上がらない人がいます。



同じ勉強時間を使っても、やり方次第で
得るものの量が違うってどういうこと[exclamation&question]



今回は、高校受験を例に考えてみます。[次項有]



zyuken_04.jpg

高校受験に間に合う勉強法とは・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:資格・学び

難関の高校や大学に合格するには? [難関高校・大学受験]


zyuken_03.jpg


難関高校や難関大学に合格するというのは、並大抵では
できません。


高校入試や大学入試はその人の人生に大きな影響を
及ぼすものです。


どの学校を出たかで、後の人生の選択肢を持てるか持てないか、
または、いざやりたいことが出てきたときに障害となる部分を
いかに少なくしておくかということにつながります。


いい学校を出たからどうの、というのはナンセンスな時代と
いうものの、まだまだ有名校偏重はあります。


学力だけが人生ではない、というのも事実ですが、
では中退者などが、大検を取ったり、再入学するのは
なぜでしょうか?


ある時点で、学歴の壁を痛感するからでしょう。


小学生や中学生が、勉強なんかして何のためになるの?


という疑問を持つ時期がありますが、悲しいことにその理由は
だいたいにおいて、就活などでわかるわけです。



今でも、難関大学に合格できる人は元々知力が高い人、
合格できない人は知力があまり高くない人。


というレッテルはあると言えるでしょう。


でも、いくら努力しても限界がある。


そんな考え方を持つのも無理はないのですが、
限界を作っているのも自分です。


そんなの無理、できっこない、という言葉を吐く人間に
限って、行動していない方が多いのです。


さて、難関高校や大学に合格するには、合格するだけの
知力が必要になります。


これは生まれつきの才能よりも努力、
さらには勉強の仕方が大きくモノをいいます。


とくに重要なのが勉強する環境。
とくに自然と勉強するような環境作りが大事です。


難関大学に合格する子供では1人部屋ではなく、
家族と一緒の部屋で勉強していることが多い
といわれています。


それも自然と勉強する環境が整っているから。


恵まれた環境が必ずしも知力・学力アップに結びつく
とは限らないのです。


その他夜更かしや朝寝といった勉強の効率を下げるような
環境にも要注意が必要です。


難関高校や大学に合格する知力とは勉強を特別なものとせず
日ごろの習慣として捉えることができるかどうかといっても
よいでしょう。


知力は高めれば伸びます。


まずは無料レポートで概要を押さえておいてください。



ありがとうございました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:資格・学び
難関高校・大学受験 ブログトップ
Copyright © 記憶術を使って記憶力をアップする方法 All Rights Reserved.