So-net無料ブログ作成
検索選択
運動と暗記の関係 ブログトップ

頭を使うより体を動かす? [運動と暗記の関係]


biyou_0018.jpg


暗記する事が苦手な人、記憶力が低下してきたな
と感じている人などにぜひおススメなのが
「適度な運動」を使った方法です。


運動するより頭を使ったほうが記憶力や暗記力も
アップしそうな気もしますが、実は脳のトレーニングを
するよりも運動をして体を使ったほうが、暗記力にとっては
プラスの効果が期待できるのだそうです。



運動をする事によって体内には新鮮な酸素が取り込まれます。


その酸素は血液中にももちろん入りますから、
血液として脳内にも新鮮な酸素が届けられます。


そうすると、脳内の細胞たちが活性化される
というわけです。



体を動かす方法にもいろいろな方法がありますが、
無理をして体がくたくたになってしまう運動よりは、
ストレッチウォーキングなどの有酸素運動がおススメ。



疲れすぎず、体内に適度な酸素を取り込むことができる
運動によって、記憶力や暗記力をアップさせたいですね。


体を動かすことで暗記力を劇的にアップさせましょう。


ただし、どっと疲れるほどやりすぎないように、
適度な運動にしておくことがポイントです。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:資格・学び
運動と暗記の関係 ブログトップ
Copyright © 記憶術を使って記憶力をアップする方法 All Rights Reserved.