So-net無料ブログ作成
丹田(たんでん)呼吸法 ブログトップ

3分間の記憶術と呼吸法 [丹田(たんでん)呼吸法]


health_0078.jpg


年齢とともになんとなく記憶力の低下を感じたり、
暗記することが億劫に感じたりする事ってありませんか?


受験勉強も長時間ずっと机に向かっていれば脳も疲れてしまい
集中力も低下してしまいますよね。


集中力がないまま勉強していても、
それは決して効果的な勉強とは言えません。


そんな方にぜひトライしていただきたいのが、
3分間という短い時間を使った行なう記憶術。


1日の中でたった3分間なら
誰でもやる気さえあれば挑戦できそうですよね。


今すぐにお金をかけずに始められる方法をご紹介しましょう。



それは腹式呼吸法の中でも、特に効果が高いと言われる方法で
丹田(たんでん)呼吸法という呼吸法です。


丹田という部分はだれの身体にもあります。



おへその下に、指を3本横にして当てます。



3本目の指が当たっている下腹の奥の方にあるのが
丹田といわれる部分になります。


丹田呼吸法の具体的手順は、以下のようになります。



①、口からゆっくりと息を吐きます。
体内の空気をすべて外に出すつもりで、ゆっくりと
時間をかけて丹田を意識しながら息を吐きましょう。



②、次に、鼻から深く息を吸います。(※必ず鼻から)
このときに、下腹が膨らむように息を吸い込みます。



③、そして、再び口からゆっくりと息を吐きます。
吸った時間よりも2倍かけるつもりで、長く、ゆっくりと
丹田を意識しながら吐きます。



④、これと同じ呼吸法を5回ほど繰り返します。



この①~④で行った一連の呼吸法を丹田呼吸法と呼びます。



丹田呼吸法を行うと、今まで出せなかったような
パワーや自信がついたり、気持ちをリラックスさせることが
上手に出来るようになります。


いちどお試しください。












腹式呼吸と自律神経について
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:資格・学び
丹田(たんでん)呼吸法 ブログトップ
Copyright © 記憶術を使って記憶力をアップする方法 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。