So-net無料ブログ作成

記憶術を勉強や成績アップのために使う場合 [成績アップ]


school16.jpg



記憶力と聞いて、まず思いつくのが勉強でしょう。



中高生や大学、社会人も含めて勉強する機会は
一生あるといってもいいでしょう。



目的が成績のアップでもいいでしょうし、
入学試験や資格試験、または外国語の習得や
TOEICのスコアアップなど、いろんな場面で
活用できます。



例えば、成績をアップするという目的に絞った場合
塾に通うとか、家庭教師をつけるなどのいろんな
選択肢があります。



ただ、どれを選んでも、費用の負担を最小限に抑え、
成績を上げるためには、まず記憶力のアップが
欠かせません。



暗記というとただ知識を詰め込むだけというイメージが
ありますが、応用力を働かせるにしても知識は絶対に必要
です。



そのためには記憶力は重要な役割を果たすのです。





記憶力をアップさせる勉強法として挙げられるのが
自分に興味がある対象に置き換える方法です。




よく英単語や世界史の人名などを暗記する際に
使われる方法です。



その単語を頭の中で思い浮かべ、自分の興味のある
ネタや言葉に置き換えて覚えるのです。




そのネタと単語との間に関連があるかどうかは
あまり意識せずに、空耳感覚で覚えてしまうのです。




暗記できる量が増えれば自然と成績はアップして、
勉強がはかどるようになるでしょう。



当然、勉強に対するやる気というのも違ってくる
場合が多いのです。




たかが暗記かもしれませんが、そのやり方次第で
記憶力を高めることができるのです。




詳しくは、無料レポートに書いてありますので、
成績を上げたいと言う方は、見るだけの価値が
あるでしょう。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Copyright © 記憶術を使って記憶力をアップする方法 All Rights Reserved.