So-net無料ブログ作成

年齢と記憶力の関係 [記憶力と年齢]


person_0391.jpg


人間は、年齢を重ねると記憶力が鈍くなるという常識?
がありますが、本当にそうなのでしょうか?


確かに、周りの老人を見ると納得する状況が多く、
だれもが「あたりまえ」と思ってしまいますね。


そして、健忘症や、痴呆などの老人を見るたびに、
“記憶力は年齢には勝てないのだ” と再度納得してしまう。


実際、私の両親も

「歳をとったら、物忘れが多くて困る」


とぼやいています。


私もああなるのだろうか?


と思うと、暗い気持ちになってしまいます。


でも、年齢を重ねるとすべての人の記憶力が衰退する
というのであれば、少し疑問が残ります。



なぜなら、70歳を超えた大学教授であったり、研究者
またはノーベル賞などの受賞者などはどうなのか?
と思うからです。


実は、最近知ったのですが普段から頭(脳)を使うことの
多い科学者や大学教授などは、年齢と比較しても脳の発達が
優れているらしいのです。


簡単に言えば、脳年齢は若者よりも若かったりするわけです。


脳は、使わないことでどんどん衰退していくことが解明され
たとえ若くても老人なみの記憶力しかない場合も決して
少なくないそうです。


例えばですが、先日80歳でエベレストの登頂に成功された
三浦雄一郎さんは、そのへんにいる普通の老人とは全く
違います。


毎日トレーニングをされているから、実年齢より若い身体
を保っているわけです。


三浦さんに限らず、70歳とか80歳を超えてジョギングや
ウォーキング、ボディビルや筋トレ、水泳など様々な
スポーツをしている方をよく見かけます。


そういう方は、見た目も当然若々しいのですが、イキイキと
した表情であったり雰囲気を持っておられます。


結局、頭(脳)も身体も同じで、

「使わない事が衰退につながる」

ということが言えそうです。


かといって、自分も三浦雄一郎さんのようなトレーニング
をしたり大学教授やノーベル賞受賞者のように毎日頭を使う
というのは、一般的には難しいでしょう。


自分なりに考えて、頭や身体を使う(鍛える)ことができれば
一番いいのでしょうが、どうしてもハードルが高く感じられて
行動に移せなくなるものです。


そのために世の中には、身体を鍛える方法や脳を鍛える方法
といったプログラムが存在するのでしょう。


1から自分で考えて行動に移すまでの時間や労力を減らし
だれでも実践しやすくすることで、いままで諦めていた人も
できる可能性が高くなったといえます。


そういう意味では、無駄な時間や労力をショートカット
してくれるプログラムというのは、それなりに存在価値が
あると考えてもいいでしょう。


当ブログでは、身体ではなく記憶力、脳に関する情報を
発信していますので身体を鍛えるプログラムは紹介できません
が、記憶力、脳に関するプログラムは推薦させていただきます。

プログラム説明は、以下のページよりご覧になれます。


⇒ジニアス記憶法について









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

Copyright © 記憶術を使って記憶力をアップする方法 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。